育成ポケモンのまとめですハードの変更に伴って、サイトも新しくしましたニコ生での放送もたまーにしたいと思います

 努力値(基礎ポイント)を振ってポケモンを育てたいんだけどどうしたらいいだろう?という疑問を解決するために解説していきます。
まず初めに努力値によってポケモンがどう成長するかというと、

(種族値×2+個体値+努力値/4)を(レベル)倍して100で割る

という計算で、ポケモンのステータスが決まります。「複雑だなぁ」と思いますよね。
 簡単に言ってしまうと、

努力値4でステータスが1上がる

というだけです。ただし、これはレベル100のときのステータスです。今のポケモンバトルはレベルが50に統一されます。じゃあどうしたらいいのか。
 個体値が「V」(奇数)の時は努力値4でステータスが1上がって、それ以降は努力値8でステータスが1上がります。つまり、
 努力値4でステータスが1上がる、努力値12(4+8)でステータスが2上がる、努力値20(4+8×2でステータスが3上がる・・・
といった感じです。個体値が0(偶数)の時は、努力値8でステータスが1上がります。
 そして努力値には上限があります。1ヶ所につき252まで、6ヶ所合計510までです。
よく「ぶっぱ」と言われる振り方がありますが。これは攻撃に252、すばやさに252、防御に4といった振り方です。
 ここで、「あれ?」と思う人もいるでしょう。
252+252+4=508
です。「510まで振れるんじゃないの?」と思うかもしれませんが、あまった努力値2ではステータスは上がらないんです。レベル50で戦うときは努力値を510振っても、508振ってもステータスは同じってことです。

 努力値ってそんなに大切なの?と思うかもしれませんが、例えば努力値を252振った時と振らない時ではステータスが32も変わるんですよ。大きいと思いませんか?

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人/副管理人のみ編集できます